学長からのメッセージ

Ed Rodriguez, PhD
エンデランカレッジはかなり短い歴史の中でかなりたくさんの事を成し遂げてきました。カレッジはホテル経営、料理法、起業学、マネージメントの分野で国際ハブになりました。そして今、私たちは情報システムのテクノロジーに、テクノロジーマネージメントに焦点を当てた学位に広がりつつあります。
エンデランの学生は世界中の異なる地域から集まっています。我々の経験重視の教育は強いマネージメント、ホスピタリティ、料理法、そしてビジネスのカリキュラムを含んでいます。そこで学生たちは世界には、実人生に出る用意をさせるたくさんの機会、可能性、アイディアがあることを発見します。我々は学生に世界的な競争力が身に着けさせるため、批判的かつ独立した思考ができるようになるよう励まします。国際的な職員は特別な研究領域を広く経験したダイナミックで、野心的でエネルギッシュな産業での専門家で構成されています。
私はエンデランで働き続けることを楽しみに思い、、そして優秀な生徒の選択肢としてカレッジを強くします。ぜひキャンパスを探索しに来てください。そして素晴らしい多様なプログラムを知ってください。あなたはいつでも歓迎されます。

エド・ロドリゲス哲学博士 学長 エンデラン カレッジ

学長の経歴

エドガルド・ロドリゲス博士はエンデランカレッジの学長で、ビジネス、テクノロジー、起業家学部の学部長です。ハワイ大学のイースト―ウェストセンターでMBAを取得し、ニューヨークのレンセラーポリテクニックインスティチュートでマネージメントサイエンスアンドスタティスティックの博士号を取りました。彼はハーバード大学の開発経済学の特別プログラムの一部も取りました。ワシントンDCの世界銀行で働き、そこでコーポレイトバジェットユニットの長としてキャリアを積みました。そしてマニラのアジア開発銀行でディベロプメントイフェクティブコミットメントの上級顧問として退職しました。法人に所属してキャリアを積みながら、ニュージャージー州のルットガース大学の産業エンジニアリング学部の大学院で准教授として、ワシントンDCのアメリカン大学でマネージメントと情報科学の教授として、またバージニア州のバージニアポリテクニックインスティチュートで14年間教えていました。彼は現在、ビジネスインテリジェンスシステムに特化したマネージメントコンサルティング会社であるシェンシャテク、インクの社長です。