歴史

エンデランカレッジはフィリピンで世界レベルの経営カレッジを作るという責任を持ってビジネス界や社会のリーダーの多様なグループによって2005年に創立されました。カレッジの主な創立者、ジャック・チュアソン、ザビエル・インファンテとジョン・スーツはフィリピンの最も大きなビジネスプロセスアウトソーシング会社のひとつを事前に創立し、そして                            ホスピタリティ経営の学校として新しいカレッジを作るという決断はこのビジョンから自然に生まれました:ホスピタリティ業は世界で最も大きく、ホスピタリティ経営教育は一般経営教育の主要な学術要素を含んでいます。さらに決定的に、ホスピタリティ経営教育への要請、つまり、技術的なスキルを構築するニーズ、インターンシップを通して実世界での経験を得るというニーズ、高いレベルでの問題解決スキルや対人スキルを成長させるというニーズは特徴を形作り、そして知識を伝える唯一の機会を提供します。実際的な考慮すべき事柄もかれらのビジョンに含まれました:フィリピン人ホテル業の労働者は世界規模で需要があり、彼らの勤勉さ、温かさ、そしてもてなす心は広く知れ渡る一方で、勇気のある起業家や幹部レベルの経営者不足のために、フィリピンのホテル業の可能性は認識されていませんでした。
レロチェインターナショナルスクールオブホテルマネージメントの若い卒業生だったダニエル・ペレスが加わり、ジーン‐ヘンリ・ルイラー、ロザンナ・フォーブス、ジョン・ティウ、アルビン・ラオのような著名なフィリピンのビジネスリーダーたちがハイアットコーポレイションのアメリカにいる高位な重役陣とともに加わったパートナチームを招集しました。彼らは新しいカレッジに歴史的に最も有名な指導者の学校のひとつと同じ名前を付けました。それはパレススクールオブオットマンエンパイア。オットマンエンペラーの私用住居と同じ敷地内にあり、ずば抜けた知能を持つ若い子供たちを生み出し、だらしないエンペラーから最も遠い人を選び取り、雇われながらキャリアを積むための学校でした。支配者、将軍、市の役人、助言機関や国防官であろうと。オリジナルのエンデランは芸術、実践科学、人文学、そして武道でさえも含まれた幅広いカリキュラムを持ったリーダーのための訓練の場であったため、またそこではリーダーシップを最初の教育課程として教えられていたため、これが新しいカレッジの名前にふさわしく思われました。そこでは若い学生をどのように奉仕するかを最初に教え、そしてそれからぎっしり詰まった一般教育で能力を与え、人文学、芸術や実践科学を網羅することによって、経営者として、起業家として、そして市民として率いることを教えました。
ジャック・チュアソンのリーダーシップのもと、新しいカレッジは2006年にフィリピン高等教育委員会の認定を受け、ローレイヌ・ヴィラルエバを創立学長に、オルティガスセンターのウィンサムコーポレーションプラザにキャンバスを置き、80人の先駆者的学生とともに開校しました。カレッジは一つの学位(インターナショナルホスピタリティマネージメント)に二つの専攻学科(ホテル経営と料理法)を提供し、レロチェスインターナショナルスクールオブホテルマネージメントと学術パートナーシップを確立しました。この合意はエンデランの学生にエンデランの学士を得る途中で追加としての資格認定書、レロチェスのホスピタリティオペレーションの修了書を受け取ることを可能にしました。未熟なカレッジは小さな学生運営によるレストランをオープンし、レストラン101と命名され、そして料理法学の共同学部長のシーチェンヤンシェフのリーダーシップのもと、料理法教育において素晴らしいセンターとして地位を確立しました。
The young College grew rapidly, adding more than 200 students in School Year 2007-2008, and establishing new partnerships, most notably with the Ducasse Education, a leading French culinary institute. This partnership offered Enderun culinary students the opportunity to earn certificates from Ducasse Education (en route to their Enderun bachelor’s degrees), and integrated the pedagogical methods of Alain Ducasse, one of the world’s most celebrated chefs, into the Enderun culinary program. By 2008, the College was establishing new milestones on a nearly monthly basis: in January, another noted businessman, Simon Bakker, joined its board of governors and financiers; in June, the College enrolled another 300 new students, and moved to its permanent campus in the McKinley Hill area of Fort Bonifacio; in September, storied Filipino conglomerate A. Soriano Corporation joined the school’s funding team; in October, the College recruited a leading US academic, Dr. Lance Masters, to be its new Provost; and in December, it launched Enderun Extension to offer short courses and continuing education for working professionals and hobbyists.
2009-2010年の学年は若いカレッジの人生においてさらに忘れられないものとして形作られました。6月にはエンデランは2つ目の学位プログラムを始めました。ビジネス経営学士です。それはビジネスプロセスマネージメントやコンサルタント、財政と富のマネージメント、マーケティングマネージメントとは全く異なる専攻科目でした。エンデランは常にマネージメント学を中心においていたので、ビジネス経営プログラムを提供する動きは自然な成り行きでした。新しいビジネスプログラムと既存のホスピタリティマネージメントプログラムの間にある相乗作用は説得力のあるものでした。ホスピタリティの生徒たちはさらに深いマネージメント機能を探究することから利益を得ることができ、一方ビジネスの生徒たちはホスピタリティの教育から生まれる自信、個人的な眼識や実地経験を得ました。2009-2010年の学年に新し設備が施され、(レストラン101の新しい場所や中庭、素晴らし学生ラウンジや行事を行うスペース)学校内のアスレチックプログラムの追加、相乗的な新しい学位プログラムの開設や新しい設備の計画、そして新しい伝統のためにカレッジ経営と同様に学生も加わり、新しい学生サポートプログラムや共同推進力の開始がありました。
2010-2011年の学年には、エンデランは3つ目の学位プログラムを提供しました。家族企業に特別焦点を当てた起業学士です。これは学生に家族企業の計画、経営、改造の唯一の機会を提供しています。
In 2012, Enderun held two important events. Enderun became the first Global Partner of Thunderbird Online, a professional development group of Thunderbird School of Global Management in Arizona, USA. Enderun integrates Thunderbird Online’s Executive Certificates into its Business Administration and Entrepreneurship programs, combining online learning with in-classroom instruction. Enderun’s Business and Entrepreneurship students will be able to graduate with an Enderun degree and Thunderbird Online Executive Certificate in Global Leadership. In the same year, Enderun launched the Ducasse Education Philippines, the first Ducasse Institute outside of France. The partnership, formerly known as ADF+Enderun, brings together the expertise of Enderun Colleges and Ducasse Education in offering excellence in practice of culinary arts in the Philippines and Asia.
2015年6月に最新の学位プログラムを始めました。経済学士です。これはマネージメント、リーダーシップ、そして社会的起業家活動における能力を吹き込む唯一の学術的プログラムです。このプログラムは学生にコミュニティー開発や国際開発の理論的知識と実践的な能力を提供するセマウル運動や国際課発協力に特化されています。また国際連盟や世界銀行、アジア開発銀行などの様々な世界的開発機構を紹介しています。

By 2017, Enderun had grown into one of the country’s leading and most highly-respected management colleges. Finding themselves at the nexus of a broader push to re-establish the Philippines not only as a center of education excellence in Asia, but also as a global training ground for future entrepreneurs, corporate leaders and public officials; Enderun announced an exciting development—new ownership, led by Dennis Uy of Udenna Corporation, a domestic, privately-held investment and management company with diverse interests in oil and gas, shipping and logistics, real estate, hospitality and other industries. Under the new ownership, the College looks to further strengthen its position as a world-class education institution providing the highest international standards of academic excellence.